祇園祭りの日程について

祇園祭の日程は7月1日から31日までの約1ヶ月間。
中でも最も見どころであるのは14日~16日の前祭の宵々山・宵山と17日の前祭山鉾巡業・神輿渡御・神幸祭。
山鉾巡業や神輿渡御などでは豪華な御輿・山鉾が街中を練り歩く姿を見ることができます。

2023年からは半世紀ぶりに後祭巡業である後祭山鉾巡業が復活し、1,500人の担ぎ手による10基の山鉾巡業が楽しめます。

山鉾巡業では最も人出が集中するので、いい場所で見れないこともありますが、バスツアーならゆったりと見学できる観覧席付きなので便利です。

人気の祇園祭の観覧席付きのバスツアーはこちら!

指定席で観覧!平安神宮の参拝や東山の散策も!

「指定観覧席を確保!夏の風物詩 京都三大祭“祇園祭(前祭)」は日帰りのツアープラン。
祇園祭の前菜は見どころである御池通の指定観覧席を確保してあるので、豪華絢爛な山鉾巡業をじっくり見学できます。昼食のお弁当付き。
お祭を堪能したら平安神宮の参拝をして、漬物店の買い物や京の風情漂う二寧坂や産寧坂などがある東山を散策してツアー終了です。
出発地は名古屋・豊田・岡崎・安城の愛知県内発、大垣の岐阜県内発、四日市・桑名の三重県内発の東海・近畿・関西発などで、費用は9,980円より。

>>> プランの詳細はこちら

宵山の自由散策と前祭・山鉾巡業を堪能!1泊2日の旅!

「祇園祭の華・菊水鉾特別拝観と観覧席から見学!京都・祇園祭”宵山” ”山鉾巡行”」は1泊2日のツアープラン。
まずは京都に到着したら祇園祭の華である山車・鉾の内側を山鉾保存会による説明付きで特別に見学します。
さらに山鉾の原形になったといわれる剣鉾を見学し、早めの夕食を取ったら、夜からの祇園祭である宵山を自由に見物。八坂神社に参拝も行けます。
2日目は前祭の山鉾巡業を有料観覧席からじっくりと4時間見学したら、最後に京都でお買い物をしてツアー終了です。
出発地は横浜の神奈川県内発、町田や新宿・上野の東京都内23内発の首都圏・関東発で、費用は29,900円より。

>>> プランの詳細はこちら